自己修復するタイプもある

自己修復するタイプもある

自己修復するタイプもある 自動車が走行する環境には、前の車が跳ねあげた砂利やゴミなど大小様々なものがあります。そして高速で走行しているため、それらがたとえ小さくても大きな傷を作りかねません。現代の塗装技術は高く、幾層にも分かれて綺麗な状態を維持するための工夫がほどこされていますが、それでも全てに対処できるわけではないのが実情です。そんな時に有効なのがプロテクションフィルムで、外側にピッタリと貼り付ける形で使用します。
プロテクションフィルムはもちろん専門家に任せた方が綺麗な仕上がりになる可能性が高いですが、技術さえあればDIYでの作業も不可能ではありません。作業をするのに特殊な工具も必要なく、一般的な製品も数多く市販されています。そのフィルムの種類は非常に多彩で、中にはただ保護するだけでなく自己修復が可能なタイプもあります。特殊な技術を使用して、ある程度の傷が蓄積されたら交換しなければならないという状況を減らせます。

プロテクションフィルムで小石の衝突傷予防を

プロテクションフィルムで小石の衝突傷予防を プロテクションフィルムとは車のボディやライトに貼る衝撃吸収、傷予防フィルムです。透明なので貼っているかどうかすぐにはわかりません。また、わからないほど施工業者の腕がいいということです。
運転中に小石などがボディやライト、フロントガラスに当たることがよくあります。高速道路走行中は特に多くなります。運悪く大きめのものが当たると防ぐことができませんが、小石程度ならプロテクションフィルムで傷を防ぐことができます。対策としては、正面から見える範囲に貼るのが基本ですが、一番傷を受けやすいのはフロントバンパーですので最低限ここには施工しておきます。バンパーはボディを守るために傷がついてもよいという昔とは違い、今はボディの一部になっているので大事にしておきたいところです。次はヘッドライトやフォグランプなどの正面のライト類です。ライト類は小さなものであればガラスリペアができますが、ボディのように板金塗装修理ができないので、交換することになってしまいます。できるだけ保護しておきたいところです。