ドアエッジを保護

ドアエッジを保護

ドアエッジを保護 狭いところで車のドアを開閉する際、周辺に車や自転車、壁などがあると強く当たった時にキズが付いてしまいます。自車のドアエッジの塗装が剥がれた場合、板金屋さんにお願いすれば綺麗に修復してくれますがお金がかかります。そこでおすすめなのがプロテクションフィルムで保護することが可能です。

プロテクションフィルムとは、車のボディをキズや汚れから守るフィルムで高分子のポリウレタンフィルムでできています。ドアの端部分の保護に効果的で、フィルムは透明なので貼っても目立たず、車の美観を損なうことがありません。どれだけ気を付けていてもついガリッとやってしまうのがドアエッジですが、プロテクションフィルムを貼り付ければ塗装の欠けやキズを防ぎ、ダメージを少なく目立たなくすることが可能です。柔軟性があるので少し貼りづらい面はありますが、テープ状の幅になっているのでカットする手間なく綺麗に貼ることができます。遠目には全くわからず、洗車しても剥がれることはないので安心です。

プロテクションフィルムを一度で貼るのは難しいので修正が必要

プロテクションフィルムを一度で貼るのは難しいので修正が必要 車体には基本的にまっすぐな部分が無いので、プロテクションフィルムを一度で貼り切るのは不可能に近いです。プロでさえ何度か修正をするほど難しい作業であるため、素人であればなおさらです。始点を端に決めてから縁に沿って張りつけていくはずですが、細心の注意を払っていても一方の端に辿りつく頃には少しのズレが発生しているものです。また異なる縁から同じ部分に向けて合わせていくと、余ってしまったしわ寄せによって中心部がたわんでしまうことになります。
プロテクションフィルムには気泡をなくすための液体が付き物ですが、これは張りつけ時にはスムーズに剥がせるという役割も担ってくれるアイテムです。粗悪な品だとすぐに張り付いた状態になってしまうため、購入時には事前情報をしっかりと入手しておいてください。腕に自信が無かったり、数ミリの誤差でさえ気になってしまうような人なら修正の回数と時間が多く掛かってしまうのでなおさらです。