フィルムの種類

フィルムの種類

フィルムの種類 特殊なフィルムで大事な愛車をキズなどから守るという目的のもとに、アメリカで開発された耐摩耗性・耐候性に優れたポリウレタンフィルムのことをプロテクションフィルムと呼んでいます。
とは言っても、プロテクションフィルムは単に一種類しかないわけではないため、必要な機能に合わせて選ぶことができるでしょう。
例えば、その一つにアルティメットと呼ばれるものがありますが、特徴としては汚染や染色に耐えられるように設計されているということです。
そのため、酸性雨などによる染みに対して効果を発揮すると言われています。
プロテクションフィルムのもう一つの種類はステルスと呼ばれるもので、グロスクリア塗装のボディに貼ることによって、あたかもマット仕上げをしたかのように変化する、ドレスアップの効果を特徴としているものです。
カスタムラッピングを楽しむと同時に、プロテクションフィルムで愛車を保護したいという場合にお勧めのフィルムとなっています。

プロテクションフィルムはポリウレタンを素材にしています

プロテクションフィルムはポリウレタンを素材にしています 車を大切にしている人は、外観をも美麗に維持しているのが通例です。
車で走っていると、前方の車に積んでいた石にボディが当たったり、何らかの障害物と接触するリスクはゼロではありません。
そんな外部からの力で車体の塗装を保護する役目を果たしているのがプロテクションフィルムなのです。
車の塗装は特殊なものとされています。
工場出荷当時の最初のオリジナル塗装がダメージを受けないように、しっかりして厚みを持って、弾力性に富んだプロテクションフィルムを貼れば、ほかの人が見たときでもすこぶる自然ですので、あとでプロテクションフィルムを貼ったことがわからないほどの自然な仕上がりになります。
ポリウレタンを素材にして作られておりますので、大変に柔軟性が高く、硬化しにくい性質を持っています。
なおラッピング処理をするときに使われるフィルムはカッティングシートと呼ばれる種類のものでだあって、塩ビ素材で作られております。
これはかなり硬度があるという特徴があります。