施工液を使って貼ります

施工液を使って貼ります

施工液を使って貼ります プロテクションフィルムとは自動車の塗装を傷や汚れから守るため、自動車の表面に貼るシート状のフィルムのことです。
対衝撃緩和性や耐摩耗性、柔軟性や伸縮性が高い素材から作られており、主にフロントバンパーやフロントフード、フロントフェンダーを防護します。
酸性雨からも守れるため近年の自動車にはほとんど施工されており、一度貼ると3年から5年は貼りかえる必要がありません。
プロテクションフィルムを貼る時は清掃後に施工液をまんべんなく塗り、フィルムを置くような要領で貼っていきます。
フィルムは通常厚さ1ミリ以下の無色透明なので車の色に影響を与えることなく、外見のイメージを壊さずに車をガードできる施工です。
貼った後はプロテクションフィルムの上から洗車も可能で、いつでも剥がせます。
紫外線カット効果のあるプロテクションフィルムも販売されており、塗装の退色を防ぐ効果も期待できるため防護と予防が同時に行えて一石二鳥です。

プロテクションフィルムをセルフで成功可能か?

プロテクションフィルムをセルフで成功可能か? プロテクションフィルムで愛車のボディを覆ってしまうことによって、ひっかき傷や飛び石、紫外線などから優しく守ることができます。透明で柔軟性のあるプロテクションフィルムは、凹凸があったり、曲がっている部分でも綺麗に貼ることができます。作業で難しいのは空気が中に入ってしまうことですが、慌てず押し出していけば空気が無くなります。セルフでプロテクションフィルムを貼ることは不可能なことではありません。

費用を安く抑えたいという方は、セルフで行うのも手です。しかし、万が一施工に失敗すれば、せっかくのフィルム代が無駄になってしまいます。やはり、費用がかかっても経験豊富で実績のある専門業者に施工してもらうのが安心です。費用は車によって異なります。また部分的に施工することもできます。たとえばスクラッチ傷がつきやすいドアノブの部分だけとか、ボンネットやバンパーだけという具合にです。なお、コーティング剤を定期的に塗布することで寿命を延ばすことができます。