傷を守るプロテクションフィルム

傷を守るプロテクションフィルム

傷を守るプロテクションフィルム クルマのボディにいつのまにか小さな傷がついていることがありませんか。とび石によって傷がついてしまったり、すれ違いに枝に触れてもスリキズが付いてしまうこともあります。走行上支障があるわけではありませんが、小さなキズでもあると嫌なものです。キズが付くたびに消すというのは大変なので、キズが付かないようにするというのも手です。
プロテクションフィルムをボディに貼ることによって、ちょっとしたとび石程度であれば問題なくボディを守ることができるようになります。プロテクションフィルムは何層にもなっている特殊な透明フィルムで、艶のあるタイプもあれば、マットなタイプもあり、お好みで選ぶことができます。柔軟性があるので複雑なボディ形状であっても問題なく施工することが可能です。1度施工すれば3年から5年程度は効果を発揮します。プロテクションフィルムを剥がせば元の状態にすぐに戻せるので、売却するときに大変有利になるでしょう。

飛び石の被害を最小限にする

飛び石の被害を最小限にする 自動車はその性質上、ボディには傷が付くものです。浅い傷の場合にはコンパウンドなどで磨くことで消すことができますが、塗膜が剥がれてしまうような場合には、簡単には直すことはできません。これは耐久性に優れた塗料を用いた場合でも防ぐことはできないものです。しかし、これらを防ぐことができるのがプロテクションフィルムです。プロテクションフィルムはカーラッピングの一種ですが、透明なものを用いているのが特徴で貼り付けても見た目は変化しません。
プロテクションフィルムはカーラッピングに使われるフィルムとは異なり、色を変えることを目的にしたものではなく、ボディを保護することを目的としています。そのようなことからポリウレタンフィルムが用いられ、外的な衝撃を吸収したり分散させるといった柔軟性があるため傷がつきにくい性質のものです。このため日頃の生活傷を防ぐことができるほかにも飛び石に対しても傷を付かせない効果を得ることができます。