プロテクションフィルムを施工するにあたって

プロテクションフィルムでドアカップを保護

プロテクションフィルムでドアカップを保護 プロテクションフィルムと言うと、走行中に飛び石や枝といった物がぶつかった場合に備えて車体に貼るという人が多いです。
所が車体が傷付いてしまうのは、何もそういった物による影響だけではありません。
同乗者が車体を傷付けてしまうケースも少なくないので、注意が必要です。
というのも実際に自分の愛車を神経質に扱う人でも、他人の車に乗る場合は無頓着な人が多かったりします。
特に地味に傷付いてしまう場所として、注意が必要なのがドアカップです。
この場所はドアを開く際には必ず触れる箇所ですが、同乗者のネイルがぶつかる等して細かな傷が出来る事は珍しくありません。
しかも傷が出来た場所に汚れが入り込んでしまうと、目立つ形で汚く見えてしまうのです。
誰もが触れる場所だからこそ、ここが汚れてしまうと車自体の印象も悪くなります。
だからこそプロテクションフィルムを貼ってドアカップをしっかり保護する事で、車全体のイメージの悪化を防ぐ事が可能です。

アクセサリーやネイルなどで出来る傷から守るプロテクションフィルム

アクセサリーやネイルなどで出来る傷から守るプロテクションフィルム プロテクションフィルムは、車のドアノブに傷が出来るのを防ぐ為に使われるシートです。
近年では、ネイルをする女性が増えており、車のドアノブなどに知らず知らずの間に傷がついてしまう事があります。
同様にアクセサリーの金具が当たってキズがつくといった事も考えられます。
プロテクションフィルムを使う事で、車にキズがつかないように防御してくれますので、安心してネイルをしたり、アクセサリーをつけたりといった事が行なえます。
プロテクションフィルムは、車にキズが付かないようにするのに優れていますが、メーカーから発売されている商品によって、その性能に違いがある事があります。
ユーザーがどれぐらいの性能を求めているのかによって、使われている素材も変わってきますし、高性能なプロテクションフィルムであるほど商品の販売価格も高くなってきます。
フィルムの性能を比較して商品を購入すれば、ユーザーのニーズに合ったものを導入する事が可能です。